鐙口(あぶみくち)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >鐙口(あぶみくち)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >鐙口(あぶみくち)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

鐙口(あぶみくち)


鐙口(あぶみくち)は、鳥山石燕の妖怪画集『百器徒然袋』にある日本の妖怪で、鐙(馬具の一種)が変化したとされる付喪神の一種。

妖怪漫画家・水木しげるの説によれば、鐙口はもとは武将の使う鐙であり、本来は持ち主である武将と運命を共にするはずが、その武将が戦死し、野に捨てられた鐙が妖怪と化し、飼い主を待つ犬のように、帰るはずのない主をいつまでも待ち続けているのだという。

但し原典『百器徒然袋』にはそのような伝承は述べられておらず、妖怪探訪家・村上健司はこれを、石燕が絵解きとして創作した物としている。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  


スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/94-f3a7a91b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。