五島慶太 名言

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >五島慶太 名言TOP > 名言集 偉人の名言集 【か】 >五島慶太 名言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

五島慶太 名言

五島慶太五島 慶太
(ごとう けいた、1882年(明治15年)4月18日 - 1959年(昭和34年)8月14日)は日本の実業家。東京急行電鉄(東急電鉄)の事実上の創業者。正三位勲一等。旧姓は小林。(wikipediaより)



「俺はその日のことはその日のうちに忘れる主義だ。一日の苦労を忘れるには坊主とか芸者とバカ話をして、ぐっすり眠るに限る。すると翌朝、新構造が浮かぶ」



「孤独な者はもっとも強い」


この記事は役に立ちましたか?  



スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/75-14848a43

まとめteみた.【五島慶太 名言】
五島慶太(ごとうけいた、1882年(明治15年)4月18日-1959年(昭和34年)8月14日)は日本の実業家。東京だ。一日の苦労を忘れるには坊主とか芸者とバカ話をして、ぐっすり眠るに限る。す
[2012/04/19 21:40] まとめwoネタ速suru

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。