森信三 名言

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >森信三 名言TOP > 名言集 偉人の名言集 【ま】 >森信三 名言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

森信三 名言

森信三森 信三
(もり しんぞう、明治29年1896年9月23日 - 1992年11月21日)は、哲学者・教育者。(wikipdiaより)



「金の苦労を知らない人は、その人柄がいかに良くても、どこか食い足りぬところがある。人の苦しみの察しがつかぬからである」



「性根の入った人間になる極秘伝は、朝起きてから夜寝るまで、常に腰骨を曲げんということだ」


この記事は役に立ちましたか?  



スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/33-809a39e1

まとめteみた.【森信三】
森信三(もりしんぞう、明治29年1896年9月23日-1992年11月21日)は、哲学者・教育者。1896年(明治29年)、愛知県、知多半島の武豊(たけとよ)に父・端山(はしやま)俊太郎、母・はつの三...
[2012/04/15 16:45] まとめwoネタ速suru

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。