大佛 次郞 名言

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >大佛 次郞 名言TOP > 名言集 偉人の名言集 【あ】 >大佛 次郞 名言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

大佛 次郞 名言

大佛 次郞(おさらぎ じろう、新字体:大仏 次郎、1897年(明治30年)10月9日 - 1973年(昭和48年)4月30日)は、日本の作家・小説家。本名:野尻 清彦(のじり はるひこ)。『鞍馬天狗』シリーズの作者として有名で、現代小説、歴史小説、ノンフィクション、さらには新歌舞伎や童話などまでを幅広く手がけた。(wikipediaより)



「死は救いと言いながら、そうは悟りきれぬものである」


この記事は役に立ちましたか?  


スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/305-4d192672


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。