オスカー・ワイルド 名言

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >オスカー・ワイルド 名言TOP > 名言集 偉人の名言集 【あ】 >オスカー・ワイルド 名言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

オスカー・ワイルド 名言

オスカー・フィンガル・オフラハティ・ウィルス・ワイルド(Oscar Fingal O'Flahertie Wills Wilde、1854年10月16日 - 1900年11月30日)は、アイルランド出身の詩人、作家、劇作家。耽美的・退廃的・懐疑的だった19世紀末の、旗手のように語られる。多彩な文筆活動をしたが、男色を咎められて収監され、出獄後、失意から回復しないままに没した。(wikipediaより)



「若いときの自分は、お金こそが人生でもっとも大切なものだと思っていた。今、歳をとってみると、そのとおりだと思い知った」



「私は誘惑以外のものなら、なんにでも抵抗できる」



「教育はもちろん重要である。しかし、忘れてはならないのは、知る値打のあるものは全部教えられないということだ」



「不満こそ人間の、あるいは民族の第一歩である」



「時代を動かすものは、主義にあらず。人格が動かす」



「老人の悲劇は、彼が老いたからではなく、彼がまだ若いところにある」


この記事は役に立ちましたか?  


スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/296-0be5759b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。