小泉信三 名言

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >小泉信三 名言TOP > 名言集 偉人の名言集 【か】 >小泉信三 名言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

小泉信三 名言

小泉信三
小泉 信三
(こいずみ しんぞう、1888年(明治21年)5月4日 - 1966年(昭和41年)5月11日)は、日本の経済学者。今上天皇の皇太子時代の師父。1933年(昭和8年)~1946年(昭和21年)まで慶應義塾長。父は慶應義塾長(1887年(明治20年) - 1890年(明治23年))や、横浜正金銀行支配人などを歴任した小泉信吉(こいずみ・のぶきち)。(wikipediaより)



「人生において、万巻の書を読むより、すぐれた人物に一人でも多く会うほうが、どれだけ勉強になることか」


この記事は役に立ちましたか?  



スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/29-781b1e47

まとめteみた.【小泉信三】
小泉信三(こいずみしんぞう、1888年(明治21年)5月4日-1966年(昭和41年)5月11日)は、日本の経済学慶應義塾長(1887年(明治20年)-1890年(明治23年))や、横浜正金銀行支配人などを歴
[2012/04/15 15:16] まとめwoネタ速suru

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。