岩倉 具視 名言

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >岩倉 具視 名言TOP > 名言集 偉人の名言集 【あ】 >岩倉 具視 名言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

岩倉 具視 名言

岩倉 具視(いわくら ともみ、文政8年9月15日(1825年10月26日) - 明治16年(1883年)7月20日)は日本の公家、政治家。雅号は対岳。謹慎中の法名は友山。補職・位階・勲等は、贈太政大臣贈正一位大勲位。維新の十傑の1人。(wikipediaより)



「敷島の道こそわきて仰かるれ すなほなる世の教えとおもへは」

日本の心の道は、素直に生きることであるという意味。


この記事は役に立ちましたか?  


スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/279-eeefe42b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。