井伊 直弼 名言

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >井伊 直弼 名言TOP > 名言集 偉人の名言集 【あ】 >井伊 直弼 名言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

井伊 直弼 名言

井伊 直弼(いい なおすけ)は、幕末の大名。近江彦根藩の第15代藩主。幕末期の江戸幕府にて大老を務め、日米修好通商条約に調印し、日本の開国近代化を断行した。また、強権をもって国内の反対勢力を粛清したが(安政の大獄)、それらの反動を受けて暗殺された(桜田門外の変)。(wikipediaより)




「茶の湯の交会は、一期一会といひて、例えば幾度同じ主客交会するとも、今日の会に再びかえらざることを思えば、実に我が一世一度の会なり」

茶の席で同じ人と向き合うことになろうが、この機会は一度限りのものなので大事にしなければならないという意味。「一期一会」という言葉は、もともと千利休の弟子山上宗二の著書にあったもの。それを井伊直弼は自分の茶道の心得とし、井伊の言葉が広まったと言われている。


この記事は役に立ちましたか?  


スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/277-1785e71d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。