芥川 龍之介 名言

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >芥川 龍之介 名言TOP > 名言集 偉人の名言集 【あ】 >芥川 龍之介 名言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

芥川 龍之介 名言

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年(明治25年)3月1日 - 1927年(昭和2年)7月24日)は、日本の小説家。号は澄江堂主人、俳号は我鬼。その作品の多くは短編である。また、「芋粥」「藪の中」「地獄変」「歯車」など、『今昔物語集』『宇治拾遺物語』といった古典から題材をとったものが多い。「蜘蛛の糸」「杜子春」といった児童向けの作品も書いている。(wikipediaより)




「人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱うのはばかばかしい。しかし、重大に扱わねば危険である」



「人間は自然の与えた能力の制限を越えることはできない。そうかといって、怠けていれば、その制限の所在さえ知らずに過ぎてしまう。だから皆ゲーテになる気で精進することが必要なのだ」



「運命は性格の中にある」


この記事は役に立ちましたか?  



スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/276-2d8c49bf


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。