飛頭蛮(ろくろくび)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >飛頭蛮(ろくろくび)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >飛頭蛮(ろくろくび)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

飛頭蛮(ろくろくび)


飛頭蛮(ろくろくび)は、日本の妖怪の一種。大別して、首が伸びるものと、首が抜け頭部が自由に飛行するものの2種が存在する。古典の怪談や随筆によく登場し、妖怪画の題材となることも多いが、ほとんどは日本の怪奇趣味を満足させるために創作されたものとの指摘もある。

いずれも外見上は普通の人間とほとんど変わらない。首が伸びるタイプはろくろを回して陶器を作る際に粘土が長く伸びるように、異常に長く伸び縮みする首を持つ。

ろくろ首の名称は、妖怪研究家・多田克己によれば長く伸びた首が井戸のろくろ(重量物を引き上げる滑車)に似ていることが由来とされ、推理作家・阿部主計によれば、傘のろくろ(傘の開閉に用いる仕掛け)を上げるに従って傘の柄が長く見えることが由来とされる。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  


スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/265-1a5ccbb6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。