虎隠良・禅釜尚・槍毛長

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >虎隠良・禅釜尚・槍毛長TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >虎隠良・禅釜尚・槍毛長

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

虎隠良・禅釜尚・槍毛長


手前から虎隠良(こいんりょう)、禅釜尚(ぜんふしょう)、槍毛長(やりけちょう)

虎隠良(こいんりょう)は、印籠が変化した日本の妖怪。

鳥山石燕の妖怪画集『百器徒然袋』に、槍の妖怪「槍毛長」と釜の妖怪「禅釜尚」の2体と共に登場する妖怪である(百器徒然袋#中を参照)。トラの皮で作った印籠を意味するとの説もある。

室町時代の『百鬼夜行絵巻』が由来とされているが、詳細は不明。(wikipediaより)



禅釜尚(ぜんふしょう)は、鳥山石燕による妖怪画集『百器徒然袋』にある日本の妖怪の一つで、茶釜の妖怪。

茶釜を頭部に頂いた、人間に近い姿をした妖怪である。器物の妖怪が数ある中、釜は「吉備津の御釜占い」など吉兆を見極める占いに使用されるなど、器物の中でも特に神聖なものとされている。

妖怪漫画家・水木しげるの説によれば、これは草むらに隠れて近くを通る人の前に現れて驚かすもので、引き返せば何もしないが、前に進むと鋭い爪でひっかくという。付喪神(器物が変化した妖怪)の一種との解釈もある。

画図では槍毛長や虎隠良という妖怪が禅釜尚と共に描かれているが、禅釜尚との関連性は不明(百器徒然袋#中を参照)。

また、槍毛長と虎隠良は琴古主などと同様、室町時代の『百鬼夜行絵巻』にある妖怪がデザイン上のモチーフとされているが、禅釜尚のみは石燕のオリジナルらしい。

茶道は禅宗と深く関連しているため、「禅釜尚(ぜんふしょう)」の名は「禅和尚(ぜんおしょう)」をもじっているとの説もある。(wikipediaより)



槍毛長(やりけちょう)は、鳥山石燕による江戸時代の妖怪画集『百器徒然袋』にある日本の妖怪。虎隠良や禅釜尚と共に描かれている(百器徒然袋#中を参照)。

先端に毛玉を飾りつけた槍、すなわち「毛槍」の妖怪である。『百器徒然袋』の解説文によればこの毛槍は「日本無双の剛の者」なる者が手にした槍だとされる。

毛槍は飾りの毛玉に鳥の毛が用いられているために「鳥毛槍」の名でも呼ばれており、この名を逆から呼んで「槍毛鳥」、転じて「槍毛長」と名づけられたとの説もある。

また『百器徒然袋』の槍毛長は木槌を振り上げているが、室町時代の『百鬼夜行絵巻』にも同様に木槌を振り上げた妖怪が描かれており、石燕はこれをモデルに槍毛長を描いたともいわれる。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  


スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/260-fd9a85d8


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。