山颪(やまおろし)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >山颪(やまおろし)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >山颪(やまおろし)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

山颪(やまおろし)


山颪(やまおろし)は、鳥山石燕による妖怪画集『百器徒然袋』にある日本の妖怪。おろし金を頭に頂いた人型の妖怪として描かれ、頭部にはおろし金の無数の突起が毛髪のように並んでいる。

同画図の解説文ではこの妖怪を豪猪なる獣にたとえ、「豪猪といへる獣あり(略)此妖怪も名とかたちの似たるゆへにかく言ふならんと 夢心におもひぬ」と述べているが、江戸時代の百科事典『和漢三才図会』では「豪猪」はイノシシのような獣とされ、背に約1尺(約30センチメートル)の針が生えており、豪猪が怒るとこの針を矢のように飛ばすと述べられている。これは現在ではヤマアラシのことと推察されており、石燕はおろし金の突起をヤマアラシの刺にたとえ、このような妖怪を創作したと考えられている。おろし金の付喪神(器物が変化した妖怪)との解釈もある。

室町時代の『百鬼夜行絵巻』には、頭に浅沓(あさくつ、男性貴族の履物)を乗せたヤマアラシ状の妖怪が登場しており、これをもとに山颪が描かれたとの説もある。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  


スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/257-eb64bf64


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。