木魚達磨(もくぎょだるま)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >木魚達磨(もくぎょだるま)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >木魚達磨(もくぎょだるま)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

木魚達磨(もくぎょだるま)


木魚達磨(もくぎょだるま)は、鳥山石燕による妖怪画集『百器徒然袋』にある日本の妖怪で、木魚の付喪神。

木魚が変化してだるま状になった姿として描かれており、解説文では木魚と同じ仏具の妖怪である払子守の同類とされる。

木魚は本来、魚が昼夜問わず目を開けたままであることから、修行僧に対して不眠不休の修行を説くために作られたものである。また、だるまの顔の元となった達磨も、眠らずに9年間修行したと伝えられている。それらのことから、不眠をテーマとして木魚とだるまを合成して描かれた創作妖怪とされる。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  


スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/252-648e3680


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。