反枕(まくらがえし)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >反枕(まくらがえし)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >反枕(まくらがえし)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

反枕(まくらがえし)


枕返し、反枕(まくらがえし)とは、日本の妖怪の一つ。夜中に枕元にやってきて、枕をひっくり返す、または、頭を足の向きを変える悪戯好きの妖怪とされる。江戸時代の妖怪画集『画図百鬼夜行』には小さな仁王のような姿で描かれている。具体的な話は江戸時代以降の近代の民俗資料に多く見られ、子供のような姿、坊主のような姿ともいわれるが、外見ははっきりとは伝わっていない。

東北地方では、枕返しは座敷童子の悪戯と言われることが多い。民話研究家・佐々木喜善の著書『遠野のザシキワラシとオシラサマ』によれば、枕を返されるほかにも、寝ている人が体を押しつけられたり、畳を持ち上げられたりし、周りには小さな足跡が残っていたという。同書によれば、岩手県九戸郡侍浜村(現・久慈市)南侍浜や下閉伊郡宮古町(現・宮古市)字向町のある家では不思議な柱があり、枕をその柱に向けて寝ると枕返しに遭い、とても眠られないという。

岩手の下閉伊郡小本村では、ある家で亡くなった人を棺に入れて座敷に置いておいたところ、火事で棺も畳も焼けてしまい、その跡に畳を買えたにもかかわらず、その畳の上で寝た者は枕返しに遭うといわれた。この枕返しの正体は諸説あり、タヌキやサルの仕業ともいわれた。

群馬県吾妻郡東吾妻町でいう枕返しはネコが化けた火車の仕業とされ、東向きに寝ている人を西向きに変えたりするといわれた。

東北地方以外では妖怪と見なされるほか、その部屋で死んだ人の霊が枕返しになるとも考えられた。かつてある部屋に盲目の旅人が泊まったが、その部屋の主人は旅人が大金を持っていることに気づき、翌朝に旅人を騙して殺害して金を奪ったところ、その旅人は霊となって部屋に住みつき、夜な夜な泊まった人の枕を動かしたという。

枕をひっくり返す童子姿の妖怪を枕小僧(まくらこぞう)と呼ぶ地方もある。静岡県磐田郡では枕小僧は身長約3尺(約90センチメートル)の霊の一種とされ、1人で寝ていると枕を返すなどの悪戯をするといわれる。

単に悪戯をするだけでなく、枕返しが人間の命を奪うという伝承の例もある。

石川県金沢のある屋敷には美女の姿の枕返しが出たというが、その屋敷の草履取りが屋敷の前で枕返しに笑いかけられた途端に気を失い、そのまま死んでしまったという。

和歌山県日高郡のある村では、7人の木こりが小又川のそばのヒノキの大木を切ったところ、その夜に眠っている7人のもとに木の精が現れて枕を返し、7人とも死んでしまったという。

この和歌山の村にはもう一つ、木こりと枕返しに関する妖怪譚がある。8人の木こりがモミの大木を切ろうとし、1日では切れないので途中でやめたところ、翌日には切り口が元通りになっていた。不思議に思ってその夜に木を見張っていると、木の精が現れて切り屑を切り口に詰めていた。そこで木こりたちは、木を切るときに屑をすべて焼き払うことで、ようやく切り終えた。するとその夜、木こりたちのもとに木の精たちが現れ、枕を返していった。しかしその中に、般若心経を唱える奇癖のある木こりがおり、木の精たちは彼を信心深い者と見なして枕を返さずに引き揚げた。翌朝、彼以外の7人はすべて息絶えていたという。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  



スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/248-07d12033


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。