骨傘(ほねからかさ)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >骨傘(ほねからかさ)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >骨傘(ほねからかさ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

骨傘(ほねからかさ)


骨傘(ほねからかさ)は、鳥山石燕の『百器徒然袋』に描かれる日本の妖怪。唐傘の妖怪で、付喪神の一種とされる。

傘布が剥がれて骨ばかりとなった古い唐傘が、鳥のように宙を舞う姿で描かれている。妖怪漫画家・水木しげるの説によれば、古びた傘が温度と湿り気によってこの妖怪となり、踊りだすともいう。

また『百器徒然袋』の解説文中では「北海に鴟吻と言へる魚あり かしらは龍のごとく からだは魚に似て 雲をおこし雨をふらすと このからかさも雨のゑんによりてかかる形をあらはせしにやと 夢のうちにおもひぬ」と述べられているが、鴟吻(鴟尾)は日本における鯱の原型とされ、雨を呼ぶ火災よけの呪物とされており、石燕は雨から傘を連想して骨傘を描いたとの説もある。

からかさ小僧に相当する妖怪との説もある。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  


スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/246-b2c2faf0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。