ふらり火(ふらりび)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >ふらり火(ふらりび)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >ふらり火(ふらりび)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

ふらり火(ふらりび)


ふらり火(ふらりび)は、鳥山石燕の『画図百鬼夜行、佐脇嵩之の『百怪図巻』、作者不詳の『化物づくし』などの日本の古典の妖怪画にある火の妖怪。

『百怪図巻』『化物づくし』などには、犬のような顔をした鳥が炎に包まれた姿で描かれている。『画図百鬼夜行』による画も炎に包まれた鳥だが、こちらの顔はインド神話の迦楼羅を思わせる。

解説文がないためにどのような妖怪かは不明だが、火の化身であり、供養をされなかった死者の霊魂が現世をさまよった末、このような姿に成り果てたとする説がある。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  



スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/240-3b8c4fab


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。