袋狢(ふくろむじな)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >袋狢(ふくろむじな)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >袋狢(ふくろむじな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

袋狢(ふくろむじな)


袋狢(ふくろむじな)は、鳥山石燕による江戸時代の妖怪画集『百器徒然袋』にある日本の妖怪。

宿直袋(宿直用の布団などを入れる袋)を担いだ人間女性風のムジナの妖怪が描かれており、解説文には以下のように述べられている。

穴のむじなの直をするとは おぼつかなきことのたとへにいへり
袋のうちのむじなも同じことながら 鹿を追ふ猟師のためには
まことに 袋のものをさぐるがごとくならんと、夢のうちにおもひぬ


石燕は『画図百鬼夜行』の序文において「今はた古画の百鬼夜行に拠て意を加へ容を補ふ」と、室町時代の『百鬼夜行絵巻』をデザイン上のモチーフにしたことを述べているが、袋狢も同様、『百鬼夜行絵巻』にある妖怪を元として描いたものである。一般にムジナやタヌキの妖怪は男、キツネの妖怪は女として描かれることが多いが、モデルとなった『百鬼夜行絵巻』の妖怪は、袋を担いだ猿顔の女官風に描かれているため、袋狢もまた女のムジナとして描かれている。

「穴のむじなの直をする」とは、手に入れていないものの評価は難しい、との意味であり、無意味な当て推量を表した諺を指しており、袋狢はこの諺と『百鬼夜行絵巻』の妖怪とをモデルとして描かれたものと解釈されている。

『百鬼徒然袋』にある妖怪はほとんどが付喪神などの器物の妖怪のため、この袋狢もムジナではなく袋のほうが本体だとする解釈もある。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  



スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/237-985c2ca5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。