文車妖妃(ふぐるまようび)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >文車妖妃(ふぐるまようび)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >文車妖妃(ふぐるまようび)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

文車妖妃(ふぐるまようび)


文車妖妃(ふぐるまようび)は、鳥山石燕の妖怪画集『百器徒然袋』にある日本の妖怪。

文車(ふぐるま)とは、内裏や寺などで本を運ぶための箱車で、失火などの非常時に備えるもの。これが付喪神になったものが文車妖妃である。

江戸時代の怪談集『諸国百物語』には、ある寺の稚児が恋文を受け取り、それを捨てていたところ、恋文に込められた執念が鬼と化して人を襲ったという話があるが、同様に手紙の執念が妖怪化したものが文車妖妃ともいう。

『百器徒然袋』には、壊れた文車から子鬼が出て来たり、それを持っていて恨んでいる顔をした女性として描かれている。

また、石燕は『百器徒然袋』の妖怪の題材の多くに『徒然草』などの文章を使用しているが、『徒然草』第72段に「多くて見苦しからぬは、文車の文、塵塚の塵」という一文があり、この「文車の文」から文車妖妃、「塵塚の塵」から塵塚怪王が創作されたとの説もある。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  


スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/236-1b9bd77c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。