風狸(ふうり)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >風狸(ふうり)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >風狸(ふうり)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

風狸(ふうり)


風狸(ふうり)は、中国および日本の妖怪。風生獣(ふうせいじゅう)、風母(ふうぼ)、平猴(へいこう)とも呼ばれる。中国の『本草綱目』、日本の鳥山石燕の『今昔百鬼拾遺』、根岸鎮衛の『耳袋』、『和漢三才図会』など江戸時代の各種文献に名が見られる。

『本草綱目』獸之二では、「其獸生嶺南及蜀西徼外山林中 其大如狸如獺 其狀如猿猴而小 其目赤 其尾短如無 其色青黃而黑 其文如豹 或云一身無毛 惟自鼻至尾一道有青毛」とありその大きさはタヌキかカワウソ程度。状態はサルに似ており、目が赤く、尾は短い。色は黒っぽく、豹のような模様がある。毛は鼻から尾に青い毛がある。「其性食蜘蛛 亦啖薰陸香」とあり餌はクモなどで、香木の香も食べる。「晝則蜷伏不動如 夜則因風騰躍甚捷 越岩過樹 如鳥飛空中」とあり昼は動き回ることはなく、夜になると、木々の間や岩間を鳥の如く滑空する。「人網得之 見人則如羞而叩頭乞憐之態」とあり人に網で捕らえられると、恥しがるような素振りをし、憐れみを請うような仕草をする。「人撾擊之 倏然死矣 以口向風 須臾複活 惟碎其骨 破其腦乃死 一云刀斫不入 火焚不焦 打之如皮囊 雖鐵擊其頭破 得風複起 惟石菖蒲塞其鼻 即死也」とあり風狸は打ち叩くとあっけなく死んでしまうが、口に風を受けただけで生き返る。刀で斬っても刃が通らず、火で焼こうとしても焼けないという説もある。但し骨や頭を砕かれると生き返ることはできず、石菖蒲(サトイモ科の多年草のセキショウのこと)で鼻を塞いでも殺すことができるとされる。

その飛距離は、山の一つや二つを飛び越えるほどともいう。 『本草綱目』では、風狸は東南アジア産のヒヨケザルのこととされる。

『和漢三才図会』では、日本に風狸はいないとされているが、『耳袋』では日本にも風狸の話があると記述されている。それによれば、風狸はタヌキの一種とされており、ある種の草を抜き、梢(こずえ)に止まった鳥にかざすと、なぜかその鳥が落ちてくるので、それを餌にしているという。どんな草にそのような効果があるかは不明だが、ある者が風狸からその草を奪い、鳥を捕らえようとして木に登り、鳥に向かって草をかざしたところ、鳥とともにその者も木から落ちてしまったという。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  



スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/235-e333d61b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。