火間蟲入道(ひまむしにゅうどう)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >火間蟲入道(ひまむしにゅうどう)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >火間蟲入道(ひまむしにゅうどう)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

火間蟲入道(ひまむしにゅうどう)


火間虫入道、火間蟲入道(ひまむしにゅうどう)は、鳥山石燕による江戸時代の妖怪画集『今昔百鬼拾遺』にある日本の妖怪。

縁の下から上半身を現して行灯の油を嘗めている様が描かれている妖怪であり、解説文には以下のようにある。

人生勤(つとむる)にあり つとむるときは匱(とぼし)からずといへり 生て時に益なく うかりうかりと間(ひま)をぬすみて一生をおくるものは 死してもその霊ひまむし夜入道となりて 灯(ともしび)の油をねぶり 人の夜作(よなべ)をさまたぐるとなん いま訛りてヘマムシとよぶは へとひと五音相通也

このことから一般には、生前に怠け者であった者が死後にこれに化け、夜なべして仕事をしている人がいると、不意に現れて行灯の火を消したりして邪魔をするものと解釈されている。江戸時代の国語辞典『俚諺収攬』には「世の中をらくにへまむしよ入道あればあたままなけりやそのぶん(火間虫入道のように楽しく毎日を過ごそう、といった意味)」という句もある。

また、江戸時代の文字遊戯に「ヘマムシ入道」といって、「へのへのもへじ」のように片仮名の「ヘマムシ」を組み合わせて目鼻口をあらわし、草書体の「入道」で身体をつくるものがあり、これを妖怪として描いたものが火間虫入道とする説もあるが、逆に火間虫入道の存在が「ヘマムシ入道」の由来となっているとの説もある。

一方で妖怪研究家・多田克己は、「火間虫」の「火間(かま)」を釜(かま)、窯(かま)、竈(かま)に掛け、竈下や壁間に隠れ住む虫であるゴキブリを示しているものとしている。ゴキブリは台所で残飯を盗み食いし、江戸時代当時に行灯に用いられていた魚油を舐め、昔も今も夜間に仕事をしている人たちを驚かせたり悩ませたりするが、このゴキブリの化身したものが火間虫入道だとする解釈である。中国の本草学研究書『本草綱目』には、雄のゴキブリは「火虫(ひむし)」「燈蛾(ひとりむし)」などといって、灯を見ると火を奪うかのように飛来し、灯油の中に没して死ぬことから、欲のために身を投げる愚か者に例えられたとあり、これらのことがもととなって、灯の油を嘗める火間虫入道が描かれていると見られている。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  



スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/231-5ee04016


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。