魃(ひでりがみ)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >魃(ひでりがみ)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >魃(ひでりがみ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

魃(ひでりがみ)


(ばつ)とは、中国神話に登場する旱魃の神。

女神としての「魃」

女神の「魃」は、『山海経』の「大荒北経」に記述がある。もとの名は妭(ばつ)。黄帝の娘である。

黄帝が蚩尤が戦った際、蚩尤陣営の風雨を司る雨師と風伯に対抗して、体内に大量の熱を蓄えている娘の魃を呼び寄せて対抗した。魃が雨を止めることで無事勝利を掴んだ黄帝であったが、魃は力を使いすぎて天へ帰れなくなっていた。

魃の力はそこにいるだけで周囲に旱魃をもたらす。彼女を処刑することもできないため、やむなく黄帝は彼女を赤水河の北方の係昆山へ幽閉した。しかし魃は時折中原へやってきて旱魃を起こすので、人々は「神よ、北へ帰りたまえ」と言って魃を帰すのだという。

一説によれば、本来の名の「妭」は美女の意味だが、人間に害をなすようになってからは、邪悪の意味をこめて部首の女を鬼に変えられて「魃」の名が用いられ、これが「旱魃」の語源になったともいう。

その他の「魃

『山海経』以降に書かれた中国の文献には、旱魃にまつわる以下のような獣の記述がある。

『本草綱目』や前漢初期の書『神異経』によれば、南方に「魃」というものがおり、身長2尺から3尺(40から60センチメートル)、頭の上に目があり、風のように走り、これが現れると大旱魃になるが、厠に投げ込むと死んでしまうという。

『三才図会』に記述のある「神魃」は、魑魅に類する人面獣身の獣で、手と足が一つずつしかなく、剛山という山に多くおり、これのいるところには雨が降らないという。

隋時代の研究書『文字指帰』には同様、「早魃」という獣の居場所には雨が降らないとある。

これらは日本の江戸時代の百科事典『和漢三才図会』にも、「魃(ひでりがみ)」と題して引用されている。鳥山石燕による妖怪画集『今昔画図続百鬼』では「魃(ひでりがみ)」と題し、上記の特徴を総合し、剛山に魃が住み、人面獣身、手と足が一つずつ、風のように早く走り、居場所には雨が降らないと述べられている。

魃とは別に、『山海経』には「神チ」(チは光鬼で1字)という、手足が一つずつの人面の獣が剛山に住むとあるが、獣としての魃の特徴は、この神チが混同されたものとする説もある。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  



スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/229-44d66c8a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。