機尋(はたひろ)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >機尋(はたひろ)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >機尋(はたひろ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

機尋(はたひろ)


機尋(はたひろ)は、鳥山石燕の『今昔百鬼拾遺』で描かれている日本の妖怪の一つで、布の妖怪。機(はた)で織られた布がヘビの姿と化したもの。

『今昔百鬼拾遺』の解説文によれば、ある女性の夫外へ出かけた後、女が帰らない夫への怨みを抱きながら機を織っていると、その怨みの念が織っている布にこもり、蛇の姿と化して夫の行方を探しに行くものが機尋だという。

布がヘビと化したという伝承は確認されていないが、水中から機織の音が聞こえる機織淵、機織池という伝説があり、それらは水神が機を織る音とも言われることから、機織とヘビは無縁ではないとの説もある。

妖怪探訪家・村上健司によれば、邪心(じゃしん)と蛇身(じゃしん)の語呂合わせで創作された妖怪とされる。

近藤瑞木によれば、浄瑠璃や歌舞伎などで大蛇の巨大さを表す時の類型的表現である「二十尋(はたひろ)」から着想されたものという。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  



スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/225-d98450e4


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。