芭蕉精(ばしょうのせい)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >芭蕉精(ばしょうのせい)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >芭蕉精(ばしょうのせい)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

芭蕉精(ばしょうのせい)


芭蕉精(ばしょうのせい)は、鳥山石燕の妖怪画集『今昔百鬼拾遺』にある怪異。芭蕉の霊が人の姿をとるなどして人を化かすというもの。

『今昔百鬼拾遺』の解説文では「芭蕉の精が人に化ける物語が唐土(中国)にあり、謡曲『芭蕉』はこれにより作られた」と述べているが、その解説の通り、中国の『湖海新聞夷堅続志』などの説話には芭蕉の精が人の姿に化ける怪異譚があり、読経中の僧のもとに芭蕉の精が女の姿で現れ「非情の草木も成仏できるか」と尋ねる日本の謡曲『芭蕉』は、その中国の『湖海新聞』を題材として作られたものである。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  


スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/224-b9df54b6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。