塗仏(ぬりぼとけ)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >塗仏(ぬりぼとけ)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >塗仏(ぬりぼとけ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

塗仏(ぬりぼとけ)


塗仏、塗佛(ぬりぼとけ)とは、日本に伝わる妖怪の一種。鳥山石燕の『画図百鬼夜行』、佐脇嵩之の『百怪図巻』にも登場する。

体の黒い仏の姿で、両目玉が飛び出している姿で描かれているが、どの画図にも一切の解説文がないため、どのような妖怪を意図して描かれたものかは想像の域を出ない。その容姿から、「仏壇から突然現れ、目を飛び出させて人を脅かす」「仏壇から飛び出して、なまけ者の僧に襲いかかるなどの説がある。

また「塗」は汚れ、「仏」は「死者」を意味することから、ゾンビの一種だ、とする説もある。

佐藤有文の著書『いちばんくわしい日本妖怪図鑑』ではびろーんという名であり、ぶよぶよした体で人の顔や首を撫で、塩を振り掛けると消えるとしているが、これは専門家たちにより佐藤の創作物と指摘されている。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  



スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/215-1e86d6d3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。