乳鉢坊・瓢箪小僧

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >乳鉢坊・瓢箪小僧TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >乳鉢坊・瓢箪小僧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

乳鉢坊・瓢箪小僧


乳鉢坊(にゅうばちぼう)とは、芝居の鳴り物に使う銅盤が変化して生まれた日本の妖怪である。付喪神の一種とされる。
鳥山石燕 の「百器徒然袋」では、銅盤を頭にかぶった人のような姿で、瓢箪の妖怪である瓢箪小僧と共に描かれている。室町時代の『百鬼夜行絵巻』にも同じような銅版状の妖怪が描かれているので、これがモデルになったという説がある。
大きな音を鳴らして人を驚かせるという説もある。(wikipediaより)

瓢箪小僧(ひょうたんこぞう)とは、瓢箪が変化して生まれた日本の妖怪である。付喪神の一種とされる。

頭部が瓢箪となった人のような姿で、鳥山石燕の「百器徒然袋」に乳鉢坊と共に描かれている(百器徒然袋#中を参照)。古来より日本では、瓢箪のように中が空洞になったものには霊がこもりやすいといわれ、瓢箪を吊るすと病気にならない、庭に瓢箪を作ると変事が起きるなどの呪術的な俗信がある。そうしたものに悪い霊が瓢箪に取り憑いて妖怪となったものが、瓢箪小僧ともいう。
茂みの中から突然現れて、人を驚かせるとの説もある。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  


スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/210-bf74895e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。