如意自在(にょいじざい)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >如意自在(にょいじざい)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >如意自在(にょいじざい)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

如意自在(にょいじざい)


如意自在(にょいじざい)は、鳥山石燕による江戸時代の妖怪画集『百器徒然袋』にある日本の妖怪。

「如意」とは僧侶の持つ仏具のことで、孫の手のように背中を掻くためにも用いられていた。石燕によるこの妖怪画の解説にも「如意は痒ところをかくにおのれがおもふところにとどきて……」と綴られており、背中などに手が届かない際に、自在に痒いところを掻くことができる如意を不思議な妖怪にたとえたものと解釈されている。

室町時代の『百鬼夜行絵巻』に如意が空を飛ぶ様子が描かれていることから、『百器徒然袋』中の多くの付喪神と同様、石燕がこれをもとにしてこの妖怪を描いたとも考えらている。

妖怪漫画家・水木しげるの説によれば、付喪神(器物が変化した妖怪)の一種であり、孫の手同様に長い腕と指で痒いところを掻く妖怪とされるが、油断すると爪で手痛い傷を負わされるとされている。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  



スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/209-68926634


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。