道成寺鐘(どうじょうじのかね)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >道成寺鐘(どうじょうじのかね)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >道成寺鐘(どうじょうじのかね)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

道成寺鐘(どうじょうじのかね)

どうじょうじのかね道成寺鐘_R

鳥山石燕 画図百鬼夜行全画集の道成寺鐘(どうじょうじのかね)は紀州に伝わる伝説、安珍・清姫伝説(あんちんきよひめでんせつ)の清姫が蛇身に変化し、道成寺で鐘ごと安珍を焼き殺すことを描いています。

あらすじ

安珍・清姫のなれそめ

時は醍醐天皇の御代、延長6年(928年)夏の頃である。奥州白河より熊野に参詣に来た僧がいた。この僧(安珍)は大変な美形であった。紀伊国牟婁郡真砂の庄司清次の娘(清姫)は宿を借りた安珍を見て一目惚れ、女だてらに夜這いをかけて迫る。安珍は参拝中の身としてはそのように迫られても困る、帰りにはきっと立ち寄るからと騙して、参拝後は立ち寄ることなくさっさと行ってしまった。

清姫の怒り

騙されたことを知った清姫は怒り、裸足で追跡、道成寺までの道の途中(上野の里)で追い付く。安珍は再会を喜ぶどころか別人だと嘘に嘘を重ね、更には熊野権現に助けを求め清姫を金縛りにした隙に逃げ出そうとする始末である。ここに至り清姫の怒りは天を衝き、遂に蛇身に化け安珍を追跡する。

安珍の最期

日高川を渡り道成寺に逃げ込んだ安珍を追うものは、火を吹きつつ川を自力で渡る蛇の姿である。渡し守に「追っ手を渡さないでくれ」と頼んでもこれでは無意味であった。よんどころなく、梵鐘を下ろしてもらいその中に逃げ込む安珍。しかし清姫は許さず鐘に巻き付く。因果応報、哀れ安珍は鐘の中で焼き殺されてしまうのであった。安珍を滅ぼした後、清姫は蛇の姿のまま入水する。

成仏

蛇道に転生した二人はその後、道成寺の住持のもとに現れて供養を頼む。住持の唱える法華経の功徳により二人は成仏し、天人の姿で住持の夢に現れた。実はこの二人はそれぞれ熊野権現と観世音菩薩の化身であったのである、と法華経の有り難さを讃えて終わる。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  



スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/203-1772c5a2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。