天井嘗(てんじょうなめ)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >天井嘗(てんじょうなめ)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >天井嘗(てんじょうなめ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

天井嘗(てんじょうなめ)


天井嘗(てんじょうなめ)は、鳥山石燕の妖怪画集『百器徒然袋』にある日本の妖怪。

『百器徒然袋』の画図では、長い舌で天井を嘗める妖怪の姿が描かれている。『百器徒然袋』では『徒然草』を題材として多く使用しており、この妖怪も『徒然草』第五十五段にある「天井の高きは、冬寒く、燈暗し」からとられている。当時の住宅は夏季を考慮して天井を高くするべきとされていたが、そうすると冬は寒く灯りの届かない部屋となってしまい、石燕はこれを天井嘗が部屋に闇を作るためとしている。また、古来の日本の住宅では天井は一種の異界とされ、天井にまつわる怪談も多いことから、妖怪研究家・村上健司は、石燕がそのような伝承をもとに天井嘗を創作したと述べている。

デザインの上では、室町時代の『百鬼夜行絵巻』にある妖怪をモデルとして描かれており、『百器徒然袋』より後には、同じ室町期の妖怪が松井文庫所蔵の『百鬼夜行絵巻』で「いそがし」の名で描かれている。

昭和・平成以降の妖怪関連の文献では、やたら長い舌で埃の集った天井を嘗める妖怪であり、天井の染みはこれの嘗め跡などとされる。天井嘗めによって付けられた染みは、ときには化け物や恐ろしい表情の人間の顔に見えるため、寝床でそれを見上げている人は恐怖に駆られ、ついには発狂して死んだ者もいた述べられていることもある。

山室静や山田野理夫らによる書籍『妖怪魔神精霊の世界』には、かつて館林藩(現・群馬県館林市)で、館林藩の家臣がこれを捕まえ、館林城の天井の蜘蛛の巣を嘗めさせ掃除させたと記述があるが、一次出典は不明。前述のように、実際には天井嘗は石燕の創作物と考えられているため、天井に染みを付ける説や館林での話は、後年になってから考えられた話と指摘されている。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  



スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/201-6459597d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。