天井下(てんじょうくだり)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >天井下(てんじょうくだり)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >天井下(てんじょうくだり)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

天井下(てんじょうくだり)


天井下(てんじょうくだり)または天井下がり(てんじょうさがり)は、鳥山石燕の妖怪画集『今昔画図続百鬼』に描かれている日本の妖怪。

長い髪を振り乱した醜い老女が、家の天井から逆さまでぶら下がった姿として描かれている。書籍によっては、夜中などに家の天井から突然現れるが、特に人間に対して危害を加えることはない、などとされている。

日本古来の家の天井とは、死体が転がっていたり、女性が監禁されたりと、一種の異界ともいうべき場所であり、天井下りはその異界から出現する妖怪との解釈もある。

石燕の時代には、人を困らせるという意味で「天井を見せる」という言い回しがあったことから、石燕が言葉遊びで創作した妖怪との説もある。

江戸時代の怪談集『宿直草』にある「甲州の辻堂に化け物のある事」によれば、甲州(現・山梨県)で山中のお堂の天井裏に化け物が住み着き、お堂に泊まった旅人を捕えて食らっていたという。

山梨県北巨摩郡の民間伝承によれば、夜中に天井から「天吊るし(てんづるし)」という稚児のような姿のものが現れたという。特に人間に危害をあたえるわけではなく、ただ現れるだけである。書籍によっては天井下りの類話として扱われているものの、天吊るしは民間伝承、天井下りは前述のように創作物とされているため、類話とはいえないとの指摘もあるが、天吊るしもまた創作された妖怪とする説もある。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  


スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/200-9476afd5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。