滝霊王(たきれいおう)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >滝霊王(たきれいおう)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >滝霊王(たきれいおう)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

滝霊王(たきれいおう)


滝霊王(たきれいおう)は、鳥山石燕による江戸時代の妖怪画集『今昔百鬼拾遺』にある妖怪。

滝の中に不動明王が現れた姿で描かれており、石燕による解説文では「諸国の滝つぼよりあらはるると云 青竜疏に一切の鬼魅諸障を伏すと云々」と述べられている。詳細は不明だが、実際には妖怪ではなく、不動明王そのものを描いたとの説もある。

また、滋賀県の天台宗の寺院・葛川息障明王院には、かつて開祖の相応和尚が滝壺から引き揚げた霊木で不動明王像を彫って尊体としたという伝説があるが(詳細は明王院 (大津市)#相応による草創を参照)、この伝説をモデルとして描いたものが滝霊王だとする解釈もある。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  



スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/186-0854db15


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。