叢原火(そうげんび)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >叢原火(そうげんび) TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >叢原火(そうげんび)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

叢原火(そうげんび)


叢原火、宗源火(そうげんび) 鳥山石燕の『画図百鬼夜行』にある京都の鬼火。かつて壬生寺地蔵堂で盗みを働いた僧侶が仏罰で鬼火になったものとされ、火の中には僧の苦悶の顔が浮かび上がっている。江戸時代の怪談集『新御伽婢子』にもこの名がある。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  


スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/182-400f4dbc


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。