硯の魂(すずりのたましい)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >硯の魂(すずりのたましい)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >硯の魂(すずりのたましい)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

硯の魂(すずりのたましい)


硯の魂(すずりのたましい)または硯の精(すずりのせい)は、鳥山石燕の妖怪画集『今昔百鬼拾遺』にある奇談。

画図では硯の上に小さな武士たちが描かれており、以下の解説文が添えられている。

ある人赤間が関の石硯をたくはへて文房の一友とす ひと日平家物語をよみさして とろとろと居ねぶるうち 案頭の硯の海の波さかだちて 源平のたゝかひ今みるごとくあらはれしとかや もろこし徐玄之が紫石潭も思ひあはせられ侍り

これは、赤間ヶ関産の石硯を文具として愛用していた者が、『平家物語』を読みながらまどろんでいると、硯の中に海が現れ、やがて源平の合戦のような様子になったという意味である。

赤間ヶ関(山口県下関市)は平家の終焉の地であり、かつて下関での壇ノ浦の戦いで滅びた平家の怨霊が宿ったものなどと推察されている。硯は赤間ヶ関の名産品であるとともに、平清盛が宋からり賜った硯「松陰」を平重盛が法然の手に帰したという逸話があることから、平家一門との関連も深いものである。

昭和・平成以降の妖怪関連の文献によっては、これをただの硯と思って使用していると、硯の中から海の波音や激しい合戦の音が聞こえてきたり、人の声や『平家物語』の語りが聞こえてくるという説もあり、付喪神(器物が変化して生まれた妖怪)の一つとする解釈もある。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  


スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/180-de6c1bda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。