人面樹(じんめんじゅ)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >人面樹(じんめんじゅ)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >人面樹(じんめんじゅ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

人面樹(じんめんじゅ)


人面樹(にんめんじゅ、じんめんじゅ)は、鳥山石燕による江戸時代の妖怪画集『今昔百鬼拾遺』にある中国の伝承上の木。

画図では人の首のような花を咲かせた木が描かれており、解説文には以下のようにある。

山谷にあり その花人の首のごとし ものいはずしてたゞ笑ふ事しきりなり しきりにわらへば そのまま落花すといふ

『今昔百鬼拾遺』では日本の妖怪以外に、江戸時代の百科事典『和漢三才図会』にある日本国外の動植物や妖怪についても掲載されており、この「人面樹」も、『和漢三才図会』が中国の書『三才図会』から引用して掲載している、「大食国(だいしこく)」という国にあるという木を描いたものである。

『三才図会』によれば、大食国は西南千里にある国で、この木は人の首のような花をつけ、問いかけると花が笑いかけるが人語を解することはなく、あまりに笑うと花がしぼんで落ちてしまう、とある。会津の奇談集『老媼茶話』でも、この木を『三才図会』から引用して同様に述べている。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  



スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/178-c50dc8ec


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。