蛇骨婆(じゃこつばばあ)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >蛇骨婆(じゃこつばばあ)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >蛇骨婆(じゃこつばばあ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

蛇骨婆(じゃこつばばあ)


蛇骨婆(じゃこつばばあ)または蛇五婆(じゃごばあ)は鳥山石燕の『今昔百鬼拾遺』にある妖怪。

画図では体に大蛇を巻きつけた老婆の姿で描かれており、解説文には以下のようにある。

もろこし巫咸国(ぶかんこく)は女丑の北にあり 右の手に青蛇をとり左の手に赤蛇をとる人すめるとぞ 蛇骨婆は此の国の人か 或説に云 蛇塚の蛇五右衛門(じゃごえもん)といへるものの妻なり よりて蛇五婆(じゃごばあ)とよびしを 訛りて蛇骨婆といふと 未詳

「巫咸国」とは中国の地理書『山海経』にある地で、多くの巫師が集まって組織した国とされる。石燕は、蛇骨婆について「未詳」としながらも、蛇骨婆がこの中国の地の住人と解説している。また、「蛇五右衛門」の夫だと述べているが、その根拠を「或説に云」としか述べておらず、どのような文献によるものかは判明してない。

南方熊楠の著書『十二支考』には、毒蛇に噛まれた際に「蛇除伊右衛門」と言ってまじないの言葉を唱える百姓の話があり、蛇五右衛門はこれに類するものとの説もある。

昭和以降の妖怪関連の文献では、蛇五衛門は人間によって塚に封印された蛇の妖怪で、蛇骨婆は塚を守るため、右手に青い蛇、左手に赤い蛇を持ち、塚に近づく者を驚かす、などとも解釈されている。

近藤瑞木によれば、「蛇骨婆」の名は歌舞伎『金門五山桐』(安永七年)や黒本『乾局』(明和五年)の登場人物に見え、老女の卑罵的呼称として通用していた言葉を妖怪として図像化したものという。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  



スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/168-13c8fe69


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。