山精(さんせい)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >山精(さんせい)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >山精(さんせい)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

山精(さんせい)


山精(さんせい)は、中国河北省に伝わる妖怪。「山鬼(さんき)」とも。

山の動物の支配者とも言われる。

日本の江戸時代の百科事典『和漢三才図会』では『永嘉記』『玄中記』『抱朴子』などの中国の文献からの引用として解説文が述べられており、それによると身長は1尺(永嘉記)または3~4尺(玄中記)、1本脚は常人とは逆向きについており(画像参照)、カニやカエルを食べる。夜に現れて人を犯すが、「魃」の名を呼ぶと彼らは人を犯すことができないという。また人の方が山精を犯すと、その人は病気になったり、家が火事に遭ったりするという。

日本の鳥山石燕の妖怪画集『今昔画図続百鬼』では、蟹を手に持ちながら山小屋を覗く、一本足の角無しの鬼の姿で描かれている。解説文では「もろこし安国県(現在の中国の安国市)に山鬼あり」と述べ、『永嘉記』からの引用として前述と同様の特徴が述べられている。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  


スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/167-0a712f07


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。