琴古主(ことふるぬし)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >琴古主(ことふるぬし)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >琴古主(ことふるぬし)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

琴古主(ことふるぬし)

ことふるぬし琴古主_R

琴古主(ことふるぬし)は、鳥山石燕による妖怪画集『百器徒然袋』にある日本の妖怪の一つで、琴の付喪神(器物が変化した妖怪)。

箏曲の筑紫箏がすたれ、その曲の音色すら人々の心から忘れ去られてしまったとき、筑紫箏を奏でる琴が変化して妖怪となったものとされる。また室町時代の『百鬼夜行絵巻』にも琴の妖怪が描かれていることから、石燕はこれをもとに琴古主を描いたとの説もある。

また、琴古主は景行天皇時代の伝承によるものという、以下のような説もある。景行天皇の命により、家臣たちが佐賀県神埼郡南部のとある丘に宴の場を作った。天皇は宴の場に喜び、記念として琴を丘の上に置いた。すると琴は姿を変え、青々と茂るクスノキの木となった。それ以来、夜にこの木の付近を通ると、どこからともなく琴の音色が聞こえるようになり、いつしかその木は琴古主の名で呼ばれるようになったのだという。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  


スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/163-4261a5b7


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。