経凛々(きょうりんりん)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >経凛々(きょうりんりん)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >経凛々(きょうりんりん)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

経凛々(きょうりんりん)


経凛々(きょうりんりん)は、鳥山石燕の妖怪画集『百器徒然袋』にある日本の妖怪の一つで、経文の妖怪。くちばしを持つ妖怪が頭に経文を巻いた姿で描かれている。

軍記物語『太平記』にある平安時代前期の僧・守敏の逸話をもとに石燕が創作した妖怪とされる。守敏は京都西寺の祈祷僧として知られていたが、東寺の僧・空海との法力比べで敗れ去り、不用となって捨てられた守敏の経文が付喪神と化したものが経凛々とされる。

また『百器徒然袋』の妖怪は、室町時代の妖怪絵巻『百鬼夜行絵巻』をモチーフとして描かれたものが多いが、この経凛々についても同様、『百鬼夜行絵巻』の中にある、くちばしの長い鳥状の妖怪が経文を頭に巻いている姿にデザイン上の共通点が見られる。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  


スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/151-6cd8757e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。