絹狸(きぬたぬき)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >絹狸(きぬたぬき)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >絹狸(きぬたぬき)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

絹狸(きぬたぬき)


絹狸(きぬたぬき)は、鳥山石燕による『百器徒然袋』に描かれている日本の妖怪。

八丈島産の上質の絹織物である黄八丈の織物を身に纏ったタヌキ、またはその織物に化けたタヌキとして描かれている。妖怪探訪家・村上健司の説によれば、布を打つ道具を砧(きぬた)と呼ぶことから、「きぬた」と「きぬ・たぬき」の語呂合わせによる創作妖怪とされる。

衣を打つ化け狸の一種で、黄八丈を身に纏い、その衣を打っているという説もある。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  


スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/142-54f9f48e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。