鎌鼬(かまいたち)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >鎌鼬(かまいたち)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >鎌鼬(かまいたち)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

鎌鼬(かまいたち)


鎌鼬(かまいたち)は、日本の甲信越地方に多く伝えられる妖怪、もしくはそれが起こすとされた怪異である。つむじ風に乗って現れ、鎌のような両手の爪で人に切りつける。鋭い傷を受けるが、痛みはない。別物であるが中国の窮奇(きゅうき)と同一視され、かまいたちを窮奇と書くこともある。

元来は「構え太刀」の訛りであると考えられているが、鳥山石燕の『画図百鬼夜行』「陰」の「窮奇」に見られるように、転じてイタチの妖怪として描かれ、今日に定着している。根岸鎮衛の著書『耳袋』にも、江戸の加賀屋という屋敷で子供がつむじ風に巻かれ、その背中に一面に獣の足跡が残されており、これを「構太刀」と証するとの記述がある。ハリネズミのような毛とイヌのような鳴き声を持つ獣で、翼で空を飛ぶ、鎌か剃刀のような前脚で人を襲うともいう。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  


スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/134-3e224633


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。