大首(おおくび)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >大首(おおくび)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >大首(おおくび)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

大首(おおくび)


大首(おおくび)は、日本の妖怪の一つで、空中などに巨大な生首が現れるというもの。

江戸時代の鳥山石燕の妖怪画集『今昔画図続百鬼』にこの名の妖怪画があり、解説文によれば、お歯黒をつけた巨大な女の生首が雨の夜空に現れるものとされるが、これは伝承上にある妖怪ではなく、実際には当時の破戒僧を風刺した創作と指摘されている。

江戸中期の妖怪物語『稲生物怪録』を描いた絵巻『稲亭物怪録』(慶應義塾大学三田メディアセンター、広島県立歴史民俗資料館所蔵)では、物置の戸を開くと巨大な老婆の顔が出現したという怪異が、「大首の怪」の題で述べられている。同物語の主人公・稲生平太郎が顔を火箸で突いたところ、少しも動じることはなく、ねばねばとした感触だったとある。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  



スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/117-67427748


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。