大禿(おおかぶろ)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >大禿(おおかぶろ)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >大禿(おおかぶろ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

大禿(おおかぶろ)


大禿(おおかぶろ)は、鳥山石燕の妖怪画集『今昔画図続百鬼』で描かれている日本の妖怪。

菊の花柄をあしらった着物を纏った禿頭の人物の姿として描かれている。解説文には「伝へ聞、彭祖は七百歳にして猶慈童と称す。是大禿にあらずや。日本にても那智高野には頭禿にて歯豁なる大禿ありと云。 しからば男禿ならんか。」とある。彭祖(ほうそ)とは、男女の性交によって長寿を得たといわれる仙人であり、幼名を慈童(じどう)といい、菊の露を飲んで不老不死となったという伝説から菊慈童とも呼ばれていた。また吉原にあった男色専門の茶屋では、男色対象の少年は禿頭にして少女のような姿をしていた。さらに菊とは肛門や男色を示す隠語でもある。

石燕の描く妖怪には、実際に日本に伝承されていたものではなく、社会風刺などの意味や絵解き遊びで創作したものが多いが、この大禿も同様に、慈童や菊と男色の関連性を掛け、男色の破戒僧を風刺して創作されたものといわれている。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  


スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/116-9d61acad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。