苧うに(おうに)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >苧うに(おうに)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >苧うに(おうに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

苧うに(おうに)


苧うに(おうに)は、鳥山石燕の『画図百鬼夜行』で描かれている日本の妖怪。

山姥の一種とされ、口が耳まで避けた老婆で、全身が黒い毛に覆われている。

もとは江戸時代の妖怪絵巻『百怪図巻』に「わうわう」の名で描かれていたもの。「苧うに」の「苧」とは植物のカラムシのことで、ここではカラムシまたは麻の繊維から作った糸を束ねた房を意味し、この妖怪の髪や体毛が積み上げた苧を連想させることから、石燕が「苧うに」と名づけたといわれる。

また「苧うに」の「うに」は枯れた湿原植物からできた泥炭を意味し、真っ黒なもののたとえでもあり、この妖怪の髪の黒さをたとえた名でもある。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  


スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/114-ff719d58


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。