丑時参(うしのときまいり)

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > スポンサー広告 >丑時参(うしのときまいり)TOP > 豆知識・小ネタ 妖怪図鑑まとめ >丑時参(うしのときまいり)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

丑時参(うしのときまいり)


丑の刻参り、丑の時参り(うしのこくまいり、うしのときまいり)とは、丑の刻(午前1時から午前3時ごろ)に神社の御神木に憎い相手に見立てた藁人形を毎夜五寸釘で打ち込むという、日本に古来伝わる呪術の一種である。

有名な神社としては、京都府の貴船神社や岡山県の育霊神社などがある。 古くは祈願成就のため、丑の刻に神仏に参拝することを言った。後に呪詛する行為に転ずる。「うしのときまいり」という言葉の方が古い。(右図参照) 丑の刻参りの方法は、江戸時代に完成した方法を基本的な部分では踏襲している。しかし細かい部分では、藁人形に呪いたい相手の体の一部(毛髪、血、皮膚など)や写真、名前を書いた紙を入れる必要があったり、丑の刻参りを行う期間に差があったり、打ち付けた藁人形を抜かれてはいけないと地方・伝わり方で違いがあり、呪うために自身が鬼になるのではなく、五寸釘を打った藁人形の部位に呪いをかけることができるという噂が広く知られるなど、現代では少し変化している。

一般的な描写としては、白装束を身にまとい、顔に白粉を塗り、頭に五徳をかぶってそこにロウソクを立て、一本歯の下駄を履き、胸には鏡、腰には護り刀、口に櫛を咥えて神社の御神木に憎い相手に見立てた藁人形を毎夜五寸釘で打ち込むというものが用いられる。また、丑の刻参りをしている者の姿を他の人に見られると、参っていた人物に呪いが跳ね返って来ると言われ、目撃者も殺してしまわないとならないと伝えられる。(wikipediaより)


この記事は役に立ちましたか?  



スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://logdiary6611.blog.fc2.com/tb.php/106-93aaa6e6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。