言葉の隠れ家

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > カテゴリー - 名言集 偉人の名言集 【ま】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

松下幸之助 名言

松下幸之助松下 幸之助
(まつした こうのすけ、1894年〈明治27年〉11月27日 - 1989年〈平成元年〉4月27日)は、日本の実業家、発明家。パナソニック(旧社名:松下電器産業、松下電器製作所、松下電気器具製作所)を一代で築き上げた経営者である。自分と同じく丁稚から身を起こした思想家の石田梅岩に倣い、PHP研究所を設立して倫理教育に乗り出す一方、晩年は松下政経塾を立ち上げ政治家の育成にも意を注いだ。(wikipediaより)



『雨が降れば傘をさす』


傘がなければ風呂敷でもかぶる。それもなければぬれるしか仕方ない。
 

雨の日に傘がないのは、天気のときに油断して、その用意をしなかったからだ。雨にぬれて、はじめて傘の必要を知る。そして次の雨にはぬれないように考える。雨があがれば、何をおいても傘の用意をしようと決意する。これもやはり、人生の一つの考えである。
 

わかりきったことながら、世の中にはそして人生には、晴れの日もあれば、雨の日もある。好調の時もあれば、不調の時もある。にもかかわらず、晴れの日が少しつづくと、つい雨の日を忘れがちになる。好調の波がつづくと、ついゆきすぎになる。油断する。これも、人間の一つの姿であろうか。
 

このことをいましめて昔の人は「治にいて乱を忘れず」を教えた。仕事にしても何にしても、この道理はやはり一つである。
 

雨が降れば傘をさそう。傘がなければ、一度はぬれるのもしかだがない。ただ、雨があがるのを待って、二度と再び雨にぬれない用意だけは心がけたい。雨の傘、仕事の傘、人生の傘、いずれにしても傘は大事なものである。




この記事は役に立ちましたか?  



スポンサーサイト
ブログパーツ

森信三 名言

森信三森 信三
(もり しんぞう、明治29年1896年9月23日 - 1992年11月21日)は、哲学者・教育者。(wikipdiaより)



「金の苦労を知らない人は、その人柄がいかに良くても、どこか食い足りぬところがある。人の苦しみの察しがつかぬからである」



「性根の入った人間になる極秘伝は、朝起きてから夜寝るまで、常に腰骨を曲げんということだ」


この記事は役に立ちましたか?  



ブログパーツ

盛田昭夫 名言

盛田昭夫盛田 昭夫
(もりた あきお、1921年1月26日 - 1999年10月3日)は、日本の技術者、実業家。井深大と共に、ソニー創業者の一人。1992年(平成4年)、名誉大英帝国勲章を受勲。(wikipediaより)



「アイデアの良い人はたくさんいるが、それを実行する勇気のある人が少ない。我々は、それをがむしゃらにやるだけだ」


この記事は役に立ちましたか?  



ブログパーツ

マルクス 名言

カール・ハインリヒ・マルクス(Karl Heinrich Marx, 1818年5月5日 - 1883年3月14日)は、共産主義運動・労働運動の理論的指導者、経済学者、哲学者。ドイツ出身。20世紀において最も影響力があった思想家の一人とされる。(wikipediaより)



「吸血鬼のごとく、資本は労働者の労働力を搾取することで生きる」


この記事は役に立ちましたか?  


ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。