言葉の隠れ家

偉人の名言集、豆知識・小ネタなど
TOP > カテゴリー - 名言集 偉人の名言集 【あ】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ]
「スポンサー広告」のTOPへ | TB(-) | CM(-)

出光佐三 名言

出光佐三出光 佐三
(いでみつ さぞう、1885年8月22日 - 1981年3月7日)は、石油元売会社出光興産の創業者。弟の出光計助は1966年10月から1972年1月まで第2代社長。長男の出光昭介は1981年6月から1993年5月まで第5代社長。また、九州地方でガソリンスタンドを展開する新出光(それまでは資本関係がなかったが、2005年に出光本体への出資が決定)の創業者・出光弘とも兄弟関係にあった。新出光社長の出光芳秀は甥で、その妻が推理作家の夏樹静子である。(wikipediaより)



「人間というものはね、苦労して、鍛練され、はじめて人間になるんです。苦労しなきゃ、人間の呼吸は分らんということですよ」


この記事は役に立ちましたか?  



スポンサーサイト
ブログパーツ

ウォルト・ディズニー 名言

ウォルト・ディズニーウォルター・イライアス・ディズニー
(Walter Elias Disney, 1901年12月5日 - 1966年12月15日)、通称ウォルト・ディズニー(Walt Disney)は、アメリカ合衆国・イリノイ州シカゴに生まれたアニメーター、プロデューサー、映画監督、脚本家、声優、実業家、エンターテイナー。世界的に有名なアニメーションキャラクター「ミッキー・マウス」の生みの親であり、兄のロイ・O・ディズニーと共同で設立したウォルト・ディズニー・カンパニーは350億ドルの収入を持つ国際的な大企業に発展した。
一族はアイルランドからの移民であり、姓の「ディズニー」の由来はフランスのカルヴァドス県のイズニーで、後に英語風に直された。イライアスは父名。(wikipediaより)




「夢は実現できるんだ。いつだって忘れないでほしい。何もかも、すべては一匹のねずみから始まったということを」


この記事は役に立ちましたか?  



ブログパーツ

安藤百福 名言

安藤百福安藤 百福
(あんどう ももふく、1910年3月5日 - 2007年1月5日)は日本の実業家、発明家。世界初のインスタントラーメンであるチキンラーメンの開発者。日清食品(株)創業者。(wikipediaより)




「明確な目標を定めたあとは執念だ。ひらめきも執念から生まれる」



この記事は役に立ちましたか?  



ブログパーツ

牛尾治朗 名言

牛尾治朗牛尾 治朗
(うしお じろう、1931年2月12日 - )は、日本の実業家。ウシオ電機株式会社代表取締役会長、経済同友会代表幹事のほか、社会経済生産性本部会長、KDDI取締役、経済財政諮問会議議員などを歴任。(wikipediaより)



「社会のために役に立ちたいという、志を持っている経営者が成功する」


この記事は役に立ちましたか?  



ブログパーツ

石田退三 名言

石田退三石田 退三
(いしだ たいぞう、旧姓澤田、1888年11月16日 - 1979年9月18日)は、元豊田自動織機製作所(現豊田自動織機)社長、元トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)の社長・会長・相談役。戦後のトヨタ自動車の建て直しをし、「トヨタ中興の祖」と呼ばれる。(wikipediaより)



「人生はすべて勝負だ。勝負は闘志と努力がすべてである」


この記事は役に立ちましたか?  



ブログパーツ

岩崎弥太郎 名言

岩崎弥太郎岩崎 弥太郎
(いわさき やたろう、天保5年12月11日〈1835年1月9日〉 - 明治18年〈1885年〉2月7日)は、日本の実業家。三菱財閥の創業者で初代総帥。明治の動乱期に政商として巨利を得た最も有名な人物である。諱は敏(のち寛)、雅号は東山。別名を土佐屋善兵衛。岩崎彌太郎とも書く。(wikipediaより)



「小僧に頭を下げると思うから情けないのだ。カネに頭を下げるのだ」


この記事は役に立ちましたか?  





ブログパーツ

稲盛和夫 名言

稲盛和夫
稲盛 和夫(いなもり かずお、1932年1月21日- )は、日本の実業家。京セラ・第二電電(現・KDDI)創業者。現在は、日本航空株式会社の取締役名誉会長。(wikipediaより)



「動機善なりや、私心なかりしか」
(新規事業参入に際しての自問自答)



「楽観的に構想を練り、悲観的に計画し、楽観的に実行する」


この記事は役に立ちましたか?  



ブログパーツ

アイスキュロス 名言

アイスキュロスアイスキュロス(Aischylos, 紀元前525年 - 紀元前456年)は、古代アテナイの三大悲劇詩人のひとりであり、アッティカ悲劇の確立者。代表作はオレスティア三部作。(wikipediaより)



「私はつらい人生より死を選ぶ」



「死ぬまでは、だれのことも幸せ者と呼ぶな」


この記事は役に立ちましたか?  


ブログパーツ

アインシュタイン 名言

アインシュタインアルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein 、1879年3月14日 - 1955年4月18日)は、ドイツ生まれのユダヤ人理論物理学者。(wikipediaより)



「自分自身の、そして他の人々の人生に意味を見出せない人は、たんに不幸であるばかりではなく、生きるのに向いていない人と言える」



「身を切るような経験を通して、私は学びました。合理的に思考したからといって、社会生活に生じる問題をすべて解決できるわけではないということを」



「教育とは、学校で習ったすべてのことを忘れてしまった後に、自分の中に残るものをいう」



「不幸は、幸運とは比較にならないほど、人間に良く似合っている」



「人間の邪悪な心を変えるよりも、プルトニウムの性質を変える方がやさしい」



「あなたは本当にそう思っているんですか?他人によって永遠の幸せが得られるなんて。いくらその相手が最愛の人だとしても」



「素敵な女の子を口説いていると、一時間が一秒のように感じられる。猛烈に熱い燃え殻に座ると、一秒が一時間のように感じられる」



「私は自然について少し理解している。しかし人間についてはほとんど理解していない」



「自分を責める必要はない。必要な時にちゃんと他人が責めてくれるから」



「勉強するにあたって良い方法はないかって?自分で経験するというやり方を超える方法は無いね」



「創造力は、知識よりも重要である」



「人間性に絶望してはいけない。なぜなら、私達は人間だから」


この記事は役に立ちましたか?  



ブログパーツ

アウグスティヌス 名言

アウレリウス・アウグスティヌスアウレリウス・アウグスティヌス(Aurelius Augustinus, 354年11月13日 - 430年8月28日)は、古代キリスト教の神学者、哲学者、説教者、ラテン教父とよばれる一群の神学者たちの一人。古代キリスト教世界のラテン語圏において最大の影響力をもつ理論家。カトリック教会・聖公会・ルーテル教会・正教会・非カルケドン派で聖人。母モニカも聖人である。日本ハリストス正教会では福アウグスティンと呼ばれる。

なお、イングランドの初代カンタベリー大司教も同名のアウグスティヌスであるため、本項のアウグスティヌスはこれと区別してヒッポのアウグスティヌスと呼ばれる。



「もし可能なら、君がその悪人を改心させよ。もちろんそれは無理な話だ。だから、君には寛大さが与えられているのだ」



「自分の実力の不十分なことを知ることこそ、自分の実力になる」


この記事は役に立ちましたか?  


ブログパーツ

アダム・スミス 名言

アダムスミスアダム・スミス(Adam Smith、1723年6月5日(洗礼日) - 1790年7月17日)は、スコットランド生まれのイギリス(グレートブリテン王国)の経済学者・哲学者である。主著は『国富論』(または『諸国民の富』とも。原題『諸国民の富の性質と原因の研究』An Inquiry into the Nature and Causes of the Wealth of Nations)。「経済学の父」と呼ばれる。(wikipediaより)



「最小の労力をもって最大の欲望を満たすことが、人間の経済行為の基本原理である」


この記事は役に立ちましたか?  


ブログパーツ

アリストテレス 名言

アリストテレスアリストテレス(Aristotélēs,Aristoteles前384年 - 前322年3月7日)は、古代ギリシアの哲学者。プラトンの弟子であり、ソクラテス、プラトンと共に、しばしば「西洋」最大の哲学者の住人と見做され、又その多岐にわたる自然研究の業績から「万学の祖」とも呼ばれる。イスラーム哲学や中世スコラ学に多大な影響を与えた。またアレクサンドロス大王の家庭教師であったことでも知られている。(wikipediaより)



「幸福は、自ら足れりとする人のものである」



「快楽は来るものと思うな。去るものと思え」



「狂気を少しも含まない天才は絶対にいない」


この記事は役に立ちましたか?  


ブログパーツ

アルフレッド・アドラー 名言

アルフレッド・アドラー(Alfred Adler 独語での発音はアルフレート・アドラー、1870年2月7日 - 1937年5月28日)は、オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。ジークムント・フロイトおよびカール・グスタフ・ユングと並んで現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人。(wikipediaより)



「自分が不完全であることを認める勇気が必要だ。人間は不完全だから努力するのである」



「憂うつ?他人を喜ばすことを毎日考えてみることです。そうしたら、きっと二週間で全快しますよ。いいですか、不幸になる人は、自分のことだけを考えているんです」


この記事は役に立ちましたか?  


ブログパーツ

アンネ・フランク 名言

アンネフランクアンネ・フランク(アンネリース・マリー・フランク、ドイツ語: Annelies Marie Frank、1929年6月12日 - 1945年3月上旬)は、『アンネの日記』の著者として知られるユダヤ系ドイツ人の少女である。(wikipediaより)



「母親が子どもにちゃんと話さないと、子どもは他の人からいろいろと聞きかじる。そして、その聞きかじった知識は間違ったものが多い」


この記事は役に立ちましたか?  


ブログパーツ

イソップ 名言

アイソーポス(紀元前619年 - 紀元前564年ごろ)は、古代ギリシアの寓話作家。奴隷だったと伝えられる。日本では英語読みのイソップという名でイソップ寓話の作者として知られる。(wikipediaより)



「それは、あなたにとっては遊びかもしれないが、私達にとっては死を意味するんです」



「学校の成績が良いからといって、社会で認められるとは限らない」


この記事は役に立ちましたか?  



ブログパーツ

アルベール・カミュ 名言

カミュアルベール・カミュ(Albert Camus、1913年11月7日 - 1960年1月4日)は、フランスの小説家、劇作家。フランス領アルジェリア出身。アルジェ大学卒業後ジャーナリストとして活動、第二次大戦中に刊行された小説『異邦人』、エッセイ『シーシュポスの神話』などで注目される。また『カリギュラ』『誤解』などを上演し劇作家としても活動。戦後に発表した小説『ペスト』はベストセラーとなったが、エッセイ『反抗的人間』はその思想をめぐって毀誉褒貶を受けた。1957年、史上二番目の若さでノーベル文学賞受賞。1960年、交通事故により急死。(wikipediaより)



「対話のないとことに生命はない。ところが今日、世界中で対話は論争に置き換えられる」



「貧困は僕にとって必ずしも憎むべきものではなかった。なぜなら、太陽と海は決して金では買えなかったから」


この記事は役に立ちましたか?  


ブログパーツ

アレキサンダー・ポープ 名言

ポープアレキサンダー・ポープ(Alexander Pope,1688年5月21日 - 1744年5月30日)はイギリスの詩人。父はカトリック教徒のリンネル商。(wikipediaより)



「希望は人間の心に永遠に湧くものである。だから『今が幸せ』という感覚はなく、常に幸福は未来にある」



「言い訳は嘘より恐ろしい。それは言い訳は防衛された嘘だからである」



「愚者は、天使も恐れて入らないような場所にも突進する」


この記事は役に立ちましたか?  


ブログパーツ

イマヌエル・カント 名言

イマヌエル・カント(Immanuel Kant, 1724年4月22日 - 1804年2月12日)は、プロイセン王国出身の思想家で大学教授である。『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』の三批判書を発表し、批判哲学を提唱して、認識論における、いわゆる「コペルニクス的転回」をもたらす。ドイツ観念論哲学の祖ともされる。(wikipediaより)



「努力によって得られる習慣のみが善である」



「人は義務を果たすために生きるのである」



「天才とは自ら法則つくる者である」


この記事は役に立ちましたか?  


ブログパーツ

芥川 龍之介 名言

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年(明治25年)3月1日 - 1927年(昭和2年)7月24日)は、日本の小説家。号は澄江堂主人、俳号は我鬼。その作品の多くは短編である。また、「芋粥」「藪の中」「地獄変」「歯車」など、『今昔物語集』『宇治拾遺物語』といった古典から題材をとったものが多い。「蜘蛛の糸」「杜子春」といった児童向けの作品も書いている。(wikipediaより)




「人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱うのはばかばかしい。しかし、重大に扱わねば危険である」



「人間は自然の与えた能力の制限を越えることはできない。そうかといって、怠けていれば、その制限の所在さえ知らずに過ぎてしまう。だから皆ゲーテになる気で精進することが必要なのだ」



「運命は性格の中にある」


この記事は役に立ちましたか?  



ブログパーツ

井伊 直弼 名言

井伊 直弼(いい なおすけ)は、幕末の大名。近江彦根藩の第15代藩主。幕末期の江戸幕府にて大老を務め、日米修好通商条約に調印し、日本の開国近代化を断行した。また、強権をもって国内の反対勢力を粛清したが(安政の大獄)、それらの反動を受けて暗殺された(桜田門外の変)。(wikipediaより)




「茶の湯の交会は、一期一会といひて、例えば幾度同じ主客交会するとも、今日の会に再びかえらざることを思えば、実に我が一世一度の会なり」

茶の席で同じ人と向き合うことになろうが、この機会は一度限りのものなので大事にしなければならないという意味。「一期一会」という言葉は、もともと千利休の弟子山上宗二の著書にあったもの。それを井伊直弼は自分の茶道の心得とし、井伊の言葉が広まったと言われている。


この記事は役に立ちましたか?  


ブログパーツ

岩倉 具視 名言

岩倉 具視(いわくら ともみ、文政8年9月15日(1825年10月26日) - 明治16年(1883年)7月20日)は日本の公家、政治家。雅号は対岳。謹慎中の法名は友山。補職・位階・勲等は、贈太政大臣贈正一位大勲位。維新の十傑の1人。(wikipediaより)



「敷島の道こそわきて仰かるれ すなほなる世の教えとおもへは」

日本の心の道は、素直に生きることであるという意味。


この記事は役に立ちましたか?  


ブログパーツ

石川 啄木 名言

石川啄木石川 啄木(いしかわ たくぼく、1886年(明治19年)2月20日 - 1912年(明治45年)4月13日)は、日本の歌人、詩人。本名は一(はじめ)。



「働けど働けど なお我が暮らし楽にならざり じっと手を見る」


この記事は役に立ちましたか?  


ブログパーツ

有島 武郎 名言

有島武郎有島 武郎(ありしま たけお、1878年(明治11年)3月4日 - 1923年(大正12年)6月9日)は、日本の小説家。
学習院中等科卒業後、農学者を志して札幌農学校に進学、キリスト教の洗礼を受ける。1903年渡米。ハバフォード大学院、その後、ハーバード大学で歴史・経済学を学ぶ。ハーバード大学は1年足らずで退学する。帰国後、志賀直哉や武者小路実篤らとともに同人「白樺」に参加。1923年、軽井沢の別荘(浄月荘)で波多野秋子と心中した。



「愛は惜しみなく奪う」


この記事は役に立ちましたか?  


ブログパーツ

ウェリントン 名言

アーサー・ウェルズリー・ウェリントン(Arthur Wellesley, 1st Duke of Wellington, 1769年4月30日-1852年9月14日)は、イギリスの軍人、政治家。外務大臣をつとめた初代ウェルズリー侯爵リチャード・ウェルズリーは兄。ナポレオンとの戦いで軍功を重ね、最終的にワーテルローの戦いで打ち破ったことで知られる。通称は「鉄の公爵」(Iron Duke)。後に首相となる。愛馬はコペンハーゲン。(wikipediaより)




「恐れを知って、しかもそれを恐れないものこそ、真の勇者である」


この記事は役に立ちましたか?  


ブログパーツ

ウォルター・スコット 名言

サー・ウォルター・スコット(Sir Walter Scott, 1771年8月15日 - 1832年9月21日)は、スコットランドの詩人、作家。
1771年、エディンバラに生まれる。エディンバラ大学で法学を学び、父の跡を継いで弁護士となる。25歳より文筆活動を始め、当初は詩人として、後に歴史小説作家として名声を博す。(wikipediaより)




「臆病でためらいがちな者には、すべてが不可能である。なぜなら、すべてが不可能に見えるから」



「死は最後の眠りである。いや、それは最初の目覚めである」


この記事は役に立ちましたか?  


ブログパーツ

エジソン 名言

トーマス・アルバ・エジソン(Thomas Alva Edison, , 1847年2月11日 - 1931年10月18日)は、生涯におよそ1,300もの発明を行ったアメリカ合衆国の発明家、起業家。(wikipediaより)



「あらゆるものには輝くダイヤが隠されている。磨けば光る」



「成功は結果で計るものではなく、費やした努力の総計で計るべきである」



「失敗?これは、うまくいかないということを確認した成功だよ」



「私は決して失望などしない。どんな失敗も新たな一歩となるから」



「天才とは1%のインスピレーションと99%の努力でつくられる」


この記事は役に立ちましたか?  


ブログパーツ

梅崎 春生 名言

梅崎 春生(うめざき はるお、1915年(大正4年)2月15日 - 1965年(昭和40年)7月19日)は、日本の小説家。(wikipediaより)




「どのみち死なねばならぬなら、私は納得して死にたい」


この記事は役に立ちましたか?  


ブログパーツ

ヴァレリー 名言

アンブロワズ=ポール=トゥサン=ジュール・ヴァレリー(Ambroise-Paul-Toussaint-Jules Valéry, 1871年10月30日 - 1945年7月20日)は、フランスの作家、詩人、小説家、評論家。多岐に渡る旺盛な著作活動によってフランス第三共和政を代表する知性と称される。(wikipediaより)




「自分を知ることは、自分を矯正することでない。自分を許すためのまわり道である」



「富というものは、機械にさす潤滑油のようなものである」


この記事は役に立ちましたか?  


ブログパーツ

エマーソン 名言

ラルフ・ワルド・エマーソン(Ralph Waldo Emerson、1803年5月25日 - 1882年4月27日)は、アメリカ合衆国の思想家、哲学者、作家、詩人、エッセイスト。 ラルフ・ウォルド・エマーソン、ラルフ・ウォルドー・エマーソン、ラルフ・ワルド・エマソン、とも呼ばれる。(wikipediaより)



「真心をもって人を助ければ、必ず自分も人から助けられる。これは人生のもっとも美しい補償のひとつである」



「人に寛大でありなさい。そうすれば、人も寛大さを示してくれるだろう」



「貧しさは貧しいと感じるところにある」



「まず自分をこの世に必要な人間とせよ。そうすればパンは自然に得られる」



「どんな芸術家でも最初は素人だった」



「行動に移すとき、あまり臆病になったり神経質にならないように。人生のすべてが実験なのだ。実験は、すればするほどうまくいくのだから」


この記事は役に立ちましたか?  



ブログパーツ

オウィディウス 名言

オウィディウス(Publius Ovidius Naso, 紀元前43年3月20日 - 紀元17年)は古代ローマ、「アウグストゥスの世紀」に生きた詩人。オヴィディウス(ドイツ式)、オーヴィッド(英語式)とも記されることがあるが、ラテン語を日本語でカタカナ表記する方式の違いであり、どれが正しいというものではない。(wikipediaより)



「チャンスはどこにでもある。釣り糸を垂れて常に用意せよ。こんな所では釣れないだろうと思うところにこそ、魚はいる」



「隣の畠の穀物は、すばらしく見えるし、隣の牝牛は自分の牝牛よりも乳を出すように見えるものだ」


この記事は役に立ちましたか?  


ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。